愉快なニュース

愉快ニュースヘッドライン 2021/01/31

「東洋の巨人」ジャイアント馬場さんにジェラシーを抱かせた「伝説のプロレスラー」の今 | ENCOUNT

素顔で得意のポーズ。トークが始まると柔和な表情に一変する【撮影:柴田惣一】TwitterFacebookHatena1月31日はジャイアント馬場さん命日「東洋の神秘」ザ・グレート・カブキ。歌舞伎の隈取ごときペイントにヌンチャク、そして毒霧を吹き上げる。日本人ですら、そのあまりにも、おどろおどろしいいでたちに圧倒されるの
https://encount.press/archives/136560/
2021/01/31 18:00

愉快ニュースヘッドライン 2020/04/09【第15回(2003年)日本ファンタジーノベル大賞】美点満載の、文句なしの快作 | ニコニコニュース 『太陽の塔 』(新潮社) 著者...

22年前の未解決事件を追った先には、絶縁した元刑事の父がいた|深町秋生『鬼哭の銃弾』 | ほんのひきだし

22年前の未解決事件を追った先には、絶縁した元刑事の父がいた|深町秋生『鬼哭の銃弾』 | ほんのひきだし
22年前の未解決事件を担当する刑事・日向直幸は、DVにより縁を切った元鬼刑事の父親と対峙する。 深町秋生の警察小説は、とことんハードだ。 「小説推理」に好評連載された、深町秋生の『刑事たちの刹那』が、『鬼哭の銃弾』のタイトルで単行本になった。刑事を主人公にした警察小説だが、ある人物の存在により、ジャンルの枠組みからはみ
https://hon-hikidashi.jp/enjoy/123284/
2021/01/31 12:02

「いそがばまわれ」狂言に 地元ゆかりのことわざ題材に 脚本・演出担当、狂言師・茂山逸平さん 草津 /滋賀 – 毎日新聞

来月13日、アミカホールで上演「親子で楽しんで」  草津市にゆかりのあることわざを題材にした新作狂言「いそがばまわれ」が、2月13日午後2時から、草津アミカホール(同市草津3)で上演される。脚本・演出を担当し、出演もする狂言師・茂山逸平さんは「古典作品のような新作狂言ができた。親子で楽しんでほしい」
https://mainichi.jp/articles/20210131/ddl/k25/040/187000c
2021/01/31 07:23