おすすめ

お楽しみ温泉なら「百観音温泉」しぶさと泉質を味わおう!

【現地レポ】久喜・百観音温泉 美人の湯|琥珀色の源泉とふんだんな湯使い最高!平800休850 施設ショボいが濃厚な塩化物泉は、もはや湯治場レベル!

百観音温泉があるのは、東京のベッドタウン埼玉県久喜市。
フツーに関東平野の真ん中で、近くに火山も何もありません。
なんでここに温泉が?と思うけど、埼玉県の東部は、web上で話題になっている杉戸町の「雅楽の湯」(うたのゆ)や、先日レポした「春日部温泉 湯楽の里」など、濃厚な塩化物泉の宝庫。

百観音温泉2_外観<img class="ranking-number" src="https://coreru.nu/wp-content/themes/jin/img/rank01.png" />
百観音温泉のレビュー。日本天然温泉審査機構の評価で、すべての項目で最高評価という百観音温泉 美人の湯。
暫定埼玉県No.1と言えるでしょう。
しかし、店舗が狭くて、食事もフツー。設備もショボい。
こじんまりして、お風呂以外に「おこもり」できないのが、評価の分かれるところかも。
一応、貸切風呂と休憩室(5部屋)もありますが、3時間4200円(別途入館料が必要)と、なかなかの値段で、地元民はあまり使わないようです。神経痛や冷え性など持病のある方や、泉質にこだわる温泉マニアには、かなりオススメです。