おもしろニュース

面白いニュースヘッドライン 2019/11/03

「かっこ面白い古語と俳句の世界」──〈其の十一〉(tenki.jpサプリ 2019年10月31日) – 日本気象協会 tenki.jp


今日で10月も終わり、来月11月8日からは二十四節気の「立冬」に入ります。「立冬」にある「立」の一文字には、新しい季節になるという意味がありますが、その言葉通りいよいよ冬の始まりですね。今回の俳句の心得は「球を置きにいかない」です。これはご存じの通り、ピッチャーが苦し紛れに投げた甘い球が簡単に打たれてしまうことを意味しています。俳句においても、まず定型から覚えていきますが、いつまでも定型通りの発想では進歩がない。時には変化球や剛速球を投げて、発想を広げる努力をしなさい、と示唆しているのです。俳句をたしなまなくても、知っているとちょっと得意、おまけにボキャブラリーも増える、そんな古語の世界を少しだけご紹介しましょう。
https://tenki.jp/suppl/m_yoshino/2019/10/31/29534.html
2019/10/31 17:05

茅ヶ崎・湯快爽快
愉快爽快か!茅ヶ崎・湯快爽快はあのころのファンタジー!愉快なお風呂といえば、名前だけで引っかかるのが湯快爽快。 実にナイスなネーミングと思ったのも、今は昔。 知る人ぞ知る、日帰り温泉・ス...

話のネタに最適? 飲食店で面白い名前のメニューを注文した経験者は… – ニュースサイトしらべぇ


(yuhirao/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです) 昨今、飲食店は様々なアイデアのお店があり、どこも一定レベルの美味しさが保たれているように思える。インターネットの普及により、美味しさに加え、SNS映えするデザインのかわいさ、他には無い話題性を求められることが現
https://sirabee.com/2019/11/03/20162149186/
2019/11/03 20:00